本文へ移動
1. ラムは、肉が固くなるほど強く焼き色を付けないようにします。固くなった肉は煮込んでも柔らかくなりません。ちょうど良い焼き色をつけることでソースの旨みになります。
2. クリアな味に仕上げるため、余分な脂やアクを丁寧に取り除くことはとても重要です。
3. 鍋底に付いた旨みを絶対に焦がさないこと。この旨み(シュク)を上手に利用するとソースが美味しくなります。

ウェールズ地方の料理

 ウェールズ地方の料理といえば、「カウルcawl」(ラム等の肉類を、ポロ葱、じゃがいも等野菜と煮込んだ家庭料理)や 「ウェルシュ・レアビットWelsh rarebit又はウェルシュ・ラビットWelsh rabbit」(チェダーチーズ、ビール、卵黄、ウースターソース、パプリカなどを混ぜたものをパンに塗ってこんがり焼いたもの。オードブルやお茶うけのスナック。)などがあります。 

ウェールズ?どこ?

 2019年のラグビーワールドカップで葱を振ってイギリス、ウェールズ代表のレッドドラゴンズを応援していた光景をご記憶の方も多いかもしれません。 ウェールズの旗の色は下が緑、上が白。葱を逆さにするとこの色になります。 位置的にはロンドンの西、あのリヴァプールの南に位置します。
 イギリスは全土で放牧が盛んですが、ここウェールズは温暖な気候、ミネラルを豊富に含んだ土壌、豊かな自然環境があります。 緑豊かな牧草地でのびのびと飼育されているウェールズのラムはジューシーで甘みがあり、柔らかい肉質が特徴です。



TOPへ戻る